ビジネススキル

まずはここから! 社会人1年目のコミュニケーションスキル 

誰でもできる

CREC法

本日は、ビジネスマンとして全業種に共通する人をう動かすための、コミュニケーションスキルです。

皆さんも営業や提案の際に、相手に自分の提案を受け入れてもらえなかったことがなかったでしょうか?

もしからしたら、その提案は素晴らしいものだったにも関わらず、あなたの提案スキルが低いため、受け入れてもらえなかったのかもしれないです。

今回紹介する2つの方法を使うことで、何かを提案する際に感覚で行っていたものが、できる営業マンが使用するフレームワークを使用することであなたもできる営業マンに近づくことができるようになります。

1 CREC法

CREC法とは、何かを伝えるための数あるフレームワークの中で一番重要で明日からでも使えるフレームワークです。

以下の順番で話を展開することによって、誰でも簡潔に相手に話を伝えることができるようになります。

  • Conlusion(結論) まずは簡潔な結論を伝える
  • Reason(根拠) その結論に至った根拠を話す
  • Example(事例) 実際に会った事例を話す(無ければ相手がイメージしやすい例え話)
  • ConClusion(結論) 最後に結論を言うことで相手に印象付ける

上記のような手順で話を展開していく方法をCREC法と言います。

上記のように話すことで、ビジネスで一般的に言われている結論から話すことができます。

また、相手にそれを導入した際のイメージができるようになります。

2 CREC法の使い方

CREC法を使わなかった場合

社会人になっても勉強をすべきと伝えたい場合

fdfsf

3 who → how → what

4 who → how → what 使い方

-ビジネススキル